ネコは超肉食です。

猫だぞ~

ネコ用の草をむしゃむしゃ食べていることを見ることが多いので、ネコって野菜がかなり好きなんだ。と思ってしまいますが、ネコは肉食で犬は雑食です。おまけにネコは完全肉食動物という点で犬とは大違いです。

ネコの体内は植物性の穀物をほとんど利用することができないという特性が、犬とは大違いなので犬とネコを一緒に飼っている場合は特に注意をして、猫にはネコ専用のキャットフードをあげてください。「ネコまんま」という言葉があるぐらいなんだから、残り物のご飯に鰹節をぶっかけた昔ながらの「ネコまんま」をあげればいい。と思っていたら、それはダメです。かつてのネコの暮らしていた生活スタイルと、今の現代社会のネコの生活スタイルはまったく違っているので、ネコが「ネコまんま」で栄養素を取り入れることはできません~

完全肉食

かつて「ネコまんま」で飼われていたネコは、外をかなり自由に出歩いていました。外を自由に出歩いて、ハンティングしてネズミをとったり鳥を取ったりしていました。そして取った獲物の内蔵までしっかり食べて、ネコにとって必要な栄養素を自分で補給できていたんですね。だから家ではご飯に鰹節をぶっかけただけの「ネコまんま」でも満足していたんです。

ベンガルネコをかつての生活スタイルのように、自由に外に出したらまずどこかの家で飼われてしまうのが目に見えるので、当然ながら室内で飼うことになります。室内で飼えば鳥をとる事もできなければ、ネズミをとることもできません。というより、そもそも最近ネズミそのものもいないのでは?!と思います。よっぽど田舎で昔ながらの古民家暮らしで農家をしていて、鶏を飼っていて鶏も定期的に卵を産んでます~ のような昔ながらのスタイルで暮らしていれば、古民家に住み着いているネズミがいるかも?!しれません。

そして鶏のえさをとろうと、どっかの小さな鳥がやってきくるかもしれませんが、ネコが自分の力でネズミを取ることがまず難しい生活環境になっています。ネコの月齢に適したネコ専用のペットフードを買ってネコのご飯にしましょう。

ネコは甘党じゃないよ

クマのプーさんはハチミツが大好物で、ハチミツの入っているつぼに頭をつっこんで食べるほどハチミツが大好きです。ハチミツが大好きなクマには虫歯菌が見つかっているので、やはり糖分は虫歯の元になっているのでしょう。

甘党のクマがいるのでネコはどうなのでしょうか?!ネコはネコは甘党じゃないんですね~~よってネコは甘いものを食べませんし、ネコの舌そのものが甘味を感じないような舌になっているといわれているので、ほれほれとアイスクリームを見せたりハチミツを見せても、興味は示しても好まないんですね。

ネコに虫歯の心配がないというのが嬉しいじゃないですか。ネコの歯も人間の歯とは違っていて、上下で肉をハサミのような動きで肉を切断して食べるのがネコの歯なので、肉を食べても歯石がたまりにくい構造になっています。

但し注意点があって、猫に虫歯の心配はないけれど猫にも歯周病はあります。おまけに治療が難しい歯周病なので、ネコにも人間と同じように歯周病予防のための定期的なデンタルケアがひつようになります。

そしてペットフード全般に言われているのが、柔らかいということですね。かつてのネコつまり野生の猫は、獲得した獲物の肉を噛み切ったりすることで、意識しなくても自然に歯が磨かれていました。ペットフードは噛み切ることが簡単な柔らかい型さで、おまけに食べやすく工夫されているサイズになっているので、噛み切る力をつかうことがないので、どうしても歯垢がたまりやすくなってしまいます。

理想的で効果的なのが、ずばり歯磨きです。ネコも歯ブラシをしてあげると歯垢をしっかりかきとることができるので、歯周病予防に効果が上がります。いきなり歯ブラシを使って歯を磨こう!とやると、逃げて終了になってしまうのでいきなり歯ブラシからしないで、少しずつ口に触ることに抵抗のないようにもっていくのが理想的な歯ブラシにもっていく秘訣になります。

動物用の味が付いている歯磨きペーストをガーゼに塗って、ガーゼで拭き取ることも効果があります。理想は1日に1回ですが、なかなか難しければ週に2~3回でもかなり効果が期待できます。歯磨きを徹底的に嫌がるネコもいますが、徹底的に嫌がるネコはあの手てこの手でチャレンジしても嫌がるので、食事やおやつでブラッシング効果を期待できるものもあるので、そのあたりでネコが好みそうなものを選んで使ってみましょう。

ネコも人間と同じく、だらだら食べをしているといつもお口の中に食べ物が長い間残っている状態になってしまうので、だらだら食いはさせないようにして食事時間が終わったら、食事は下げるというようにしてだらだら食べをさせないように気をつけましょう。

ネコ草は置きっぱなしにして、猫が食べたいな~と思ったときに自由に食べれるようにしておきましょう。猫は肉食なので、便秘体質なんですね。ネコ草を食べるのには便秘解消の意味もあるのでは?!という説もあるぐらいなので、ネコ草は自由に食べさせてあげてください。あまりにもすごい勢いで食べてアッという間にネコ草がなくなるなら、獣医さんに相談してみましょう。

どうしてネコはネコ草を食べるんだ?!という理由が完全解明されていないので、仮説にはなりますが完全肉食のネコでもたまにむしょうに草が食べたくなるのは、分からないでもない気もするので、ネコ草は置いておきましょう~

Menu