もう1匹一緒に飼うなら?!

猫だぞ~

かなり元気いっぱいのベンガル猫なので、子猫から一生懸命相手をすると飼い主はかなり疲れます。幼稚園に入園前の子供の相手をするのに、めっちゃ体力が必要なのと同じように子猫もかなりパワフルなのでベンガル猫の子猫とたっぷり遊びたおす必要があるので、できればもう1匹一緒に飼ってあげるようが飼い主的には楽になることは間違いないです。

そこで既に飼い猫がいて、1匹だと昼間留守のときにかわいそうだな。もっと一緒に遊ばせてあげようという思いで、さらにもう1匹を選ぶ時におぉ!!ヒョウ柄~~めちゃかわいいと一目惚れしてベンガル猫を飼うなら、既に1匹の飼い猫がいるので子猫のベンガル猫が増えても、遊び相手として付き合うのも1匹よりで飼うよりも断然少ないです。既にいるネコに、子猫は興味津々でガンガンちょっかいだして「遊んでちょーだい」オーラーを出しまくるので、ちょっと歳をくっているネコでも「しゃーないな。そこまでくるなら、遊んでやるか。」と遊びに乗ってきてくれます。

先輩ネコの後ろを付いて回るかのように、「遊んでちょーだい。どこ行くの??ここかい?」状態になるので、かなり飼い主は楽できるので2匹目として選んでベンガル猫を飼われる方も多くいます。ネコが初で飼う時に1匹だと遊び相手が大変だから、ということで最初から2匹のベンガル猫を飼う方もいるので、飼い方にダメはありませんが遊び相手の自分の負担を減らすためなら是非1匹飼いではなく2匹3匹と飼いましょう~

ヒョウ柄にこだわりたい

ヒョウ柄大好きでエジプシャン・マウを飼っていて、さらにヒョウ柄を飼いたい。ちょっと元気なベンガル猫を飼ってみようかな~と考えているなら、エジプシャン・マウの性質的によく考えて飼われたほうがいいですね。

エジプシャン・マウはなんといっても最古のイエネコといわれていますが、壁画に残っているイエネコはどんな姿だったのかというとスレンダーな細身の体にアーモンド型をした目、そして細かい斑点模様が壁画から確認することが出来ます。

カイロで発見された猫の個体から繁殖して、改良したネコがエジプシャン・マウです。ベンガル猫は野生のベンガルとイエネコの交配という異種交配で、あのロゼッタ柄が誕生していますが、エジプシャンマウのあの斑点は、自然にできている斑点という点でベンガル猫との大きな違いになっています。

アーモンド型のちょと上がり目に、縁取りのアイラインがエジプトらしいエジプシャン・マウは、こちらもとても人気の高い種類です。ただし、警戒心がちょっと強めのデリケートなネコなので、何匹かで飼うネコに向いているか?!というと、とてもおとなしい性格で神経質な面もあるので、向かないですね。他の猫と一緒に生活すると、エジプシャン・マウにとってはストレスになってしまうので、既にエジプシャン・マウを飼っていてさらに飼おうとお考えなら、やめておいたほうがエジプシャン・マウのためになります。

人の手が加わっていない自然なスポッツが、エジプシャン・マウの魅力でもあるのでエジプシャン・マウは昔むか~しの時代からいる生息していたネコということも考えて、飼ったほうがいいですね。自然なスポッツが魅力なので、飼う時にもスポッツの出方があーだこーだ言わずにおきましょう。

Menu