水がとっても大好きなベンガル猫

猫だぞ~

F原N香のブログにも毎日風呂をのぞきに来ると紹介されていますが、ベンガルネコは水が大好きなんですね~。泳ぐことも大好きなので、お風呂に入っていると「おっ!水じゃないか!よし入ろう!」とばかりに風呂場のドアを開けてくれ~開けてくれ~~と、熱望するほど水が大好きです。おまけにとっても頭がいいので、トイレで用をたして自分で水まで流してしまうベンガルネコの事例も報告されています。

もしも、ドラえもんのしずかちゃんの家にベンガルネコを飼っていたらしずかちゃんのお風呂タイムには、必ずベンガルネコも一緒に来るでしょうね~。

そしてしずかちゃんもお風呂大好きなので「一緒に入りましょう。」とお風呂に入って、そこにドラえもんとのび太が何かのはずみでバーーーーンとしずかちゃんとベンガルネコがお風呂に入っている所に出くわして、「もーーのびたさんなんて嫌いっ!」というお約束のしずかちゃんのセリフと、ベンガルネコもドラえもんに向かって怒る!というパターン化された場面が出来上がって楽しいかも!(笑) ドラえもんはしずかちゃんの飼い猫のベンガルネコに叱られて、落ち込んでしまうという場面が出来上がります。しずかちゃんが飼うべきペットは、ベンガルネコで決まりですね。

ベンガルネコの飼い方

ベンガルネコの飼い方で相談コーナーなどに、子猫(5ヶ月)ぐらいでとにかくやんちゃでやんちゃで困っているという相談があります。あまりにもやんちゃすぎて、手に負えない・・。おまけに噛み付いてきて痛い。という相談などがありますが、1匹飼いをしていると子猫自身が痛みがわからないので噛んでしまいます。噛まれたら、大げさなぐらいに痛い痛いと猛烈アピールして分からせるぐらいしたりしないと、なかなか子猫に分かってもらえません。もちろん怒ることも効果的ですが、あまり怒りすぎると懐いてくれない・・という悲しい状況にもなってしまうので、このあたりのッサジ加減が難しいところでもありますね。

大いに遊べ

子猫に共通して言えることですが、とにかく子猫の時はたくさん遊んでもらいたいと元気いっぱいです。運動不足を解消して、どんどん子猫を疲れさすためにはどうしたらたくさん遊んで疲れてくれるのでしょうか?!

それは上下に遊ばせるということになります。段差を使って遊ばせることを繰り返せば、元気な子猫も疲れてきます。そしてベンガルネコは高いところも大好きなので、喜びます。上下の段差がある家具を利用して、子猫をがんがん遊ばましょう。出かけるときには、高いところに置いていたものは下に落とされておくのが当たり前だ!ぐらいの大きな気持ちでいましょう。

高いところからガンガン振り払われて落とされて、携帯充電器はかじられて・・という感じですが、これも一時のことです。ただしネコがまちがって飲み込まないような注意をしてあげましょう。間違って飲み込んでしまいそうな物は、置いておかないというようにしてしまっておくと、誤嚥を防ぐことができます。

水が大好きベンガルネコ

水が大好きなベンガルなので、お風呂に入ってくるかもしれない!と仮定して入浴するほうが安心できます。もちろん入浴剤は使わずに、普通の水にしておくとベンガルネコが「水だーー水だーーわーーい!!」とダイブして泳いでも、それがベンガルネコにとっては楽しい遊びになるのでお風呂で水に一緒に遊んであげるとお水大好きベンガルは大喜びです。水が大好きということを覚えておいて、入浴剤には注意して置いてください。

水が大好きなベンガルネコですが、水が超好きな猫はなに?!で名前が上がるのが、ターキッシュバンというネコの種類があります。ターキッシュと名前が付いているように原産国はトルコです。なんでもトルコのワン湖で、泳いでるいるネコがいる!!と発見されているので、ターキッシュバンは泳ぐことができるネコとしてのイメージが定着しています。ネコが水が好きなほうが珍しいので、ベンガルネコの水が大好きな事に驚くかもしれませんが、水のみのところに足をバーーーン!!として水を飛ばしたりというヤンチャな楽しみ方も、ベンガル猫の可愛いところですのでどんどん遊ばせてあげましょう~

Menu