ベンガル猫の毛の色

猫だぞ~

ベンガル猫は毛が短いので、ブラッシングなどは基本的に必要ないです。でもスキンシップをとって癒しの時間を楽しみたいという意味でのブラッシングはOKです。基本的にブラッシングが必要ないので、ブラッシングする時間があったら遊んであげるほうがベンガル猫は喜ぶかもしれないです。

ベンガル猫はブラウンの色でロゼットのスポットがイメージが強くありますが、ベンガル猫の毛の色目は他にもあります。スノーとシルバーそしてブラウンです。ロゼットが一番人気が高い模様になっていて、ブルズ・アイという楕円形の縞模様の場合は欠点になってしまうのでお値段の差はこの模様が決めてになりますね。

色のパターン

ホームページやベンガル猫を飼われている方のブログなどでは、ほとんどがブラウンのベンガル猫が多くなっています。芸能人が飼っているベンガル猫も色はブラウンなのでやはり一番人気はヒョウを思わせるカラーのブラウンでロゼットのスポットが人気です。いかに野生に近い感じなのか?!が値段の高さのポイントになるので、海外のブリーダーではブラウンに金色の目が最高だという評価もあるようです。

ブラウン・タビー

この色がベンガル猫のカラーパターンの中で、一般的な毛の色になっています。ひとくちにブラウンだとはいってもブラウンの色の幅はかなり広くなっています。小麦色から濃いオレンジブラウンまでもブランウン・タビーになります。そしてブラウンの中で濃淡の幅が広いベンガル猫のばあいには、トリカラーと呼ばれることもあります。海外のブリーダーはゴールデンアイがより野生に近いことから人気が高くなっていますが、ブルーとオッド・アイ以外のカラーの目の色でも大丈夫です。

スノー・タビー

スノー・ベンガルとも呼ばれるカラーのベンガル猫です。見た目がユキヒョウに似ていることから、スノー・ベンガルといわれることになりました。色目は象牙色にこげ茶色の模様になっています。スノー・タビーの中での種類は3種類になっていて、シール・セピア、シール・ミンク、シール・リンクスポイントです。そしてシール・セピア以外のシール・リンクスポイントとシール・ミンクに限って認められいる目の色がブルー系です。。

最近の公認カラーのシルバー&スモーク・タビー

こちらの色のベンガル猫は、交配するときに品種改良にアメリカン・ショートヘアのシルバー・タビー遺伝子からカラーの色の名前がとられています。この色味にはイエローっぽい色はないクリアーになっているシルバーのグレーに黒い模様です。その他の組み合わせとして、シール・シルバー、リンクスポイントなどのスノーとの組み合わせも大丈夫です。シルバー・スノー・ベンガルは、ふつうのスノー・ベンガルよりもさらに白っぽくそして淡い地色になっています。

エジプシャン・マウのスモークに似ているのが、ベンガル猫のスモーク・タビーです。シルバー・タビーに薄い黒をさらに重ね塗ったような毛色になっています。ベンガル猫の毛の色として公認される前から、時々スモーク・ブラックが生まれていましたが、公認される前はブラウンとスノー以外の毛色のベンガル猫の場合は、マイナス評価になっていました。

Menu