ベンガル猫はメイドインアメリカです

猫だぞ~

ベンガル猫の値段の差は、柄がどれだけハッキリしているかで値段に開きが出てきます。ペルシャ猫は目と鼻が一直線に並んでいれば、ペルシャ猫らしい顔とされて値段ががーーんと上がります。その猫本来の姿や顔であればあるほど、値段が高くなるという傾向になっています。ベンガル猫の魅力はやっぱりヒョウだったりジャガーのような野性味が味わえる美しい模様これにつきます。

研究者が成功させて誕生!

ベンガル猫の野性味あふれるヒョウ柄が魅力ですが、こんなに野生のヒョウやチータを飼うことはドバイの大金持ちじゃないと無理でしょ。という現実の中で、飼育することができるヒョウ柄の猫がいたら嬉しいのに、動物園でしか見ることができないヒョウを同じような柄で猫で飼育したい!!という願望を現実のものにやってみよ~!とブリーダーがアメリカにいました。

一番最初にブリーディングにチャレンジしたのが、1960年代のことですが結果はどうだったのか?!というと残念な結果でつまり失敗でした。そして続いて研究者がブリーディングを開始しますがその理由は、ヒョウ柄欲しさではなくて、ネコの白血病を研究するためにカリフォルニア大学で研究者が実験交配しましたが、その時に交配したのがベンガルヤマネコとイエネコの交配です。そしてこの実験的交配で誕生したのが、今のベンガル猫の基礎になったネコと言われています。

ベンガル山猫つまりインドに生息しているアジアンレパードと、イエネコとの交配で誕生したベンガル猫は研究者によって誕生したんですね~。ベンガル猫は遊び大好きのやんちゃ猫というように思われていますが、イエネコの交配が進んでいるので普通に飼育することができます。

ブリーディングですがベンガルヤマネコのほかにも、アメリカン・ショートヘアやシャムネコ、アメリカの昔からいる土着のネコや、エジプシャン・マウもブリーディングにつかわれています。エジプシャン・マウは、叶姉妹も飼っているネコですが古代エジプトの壁画にも描かれてる最古のイエネコがエジプシャン・マウです。エジプシャン・マウは細い斑点が特徴あるネコです。

性格は?

ベンガル猫はイエネコの交配で誕生していますが、なんでも三世代まではベンガル山猫の気性を受け継いでいるので、野生の気質が強いので攻撃的であまり人に懐かないとされています。交配が進んでいるので、穏やかで社交的な性格になっているので安心して飼育することができます。

幼いネコのときは、やっぱり遊びたい盛りなのでやんちゃですがそれは仕方のないことなので、ネコタワーを準備したりして思いっきり遊べるようにしてあげる環境が大事です。遊び相手をしなくてはとてもじゃないですが、遊び相手をするのが大変なので他のネコとかと一緒に飼うのが理想的な飼い方になります。思いっきり遊べる環境で飼ってあげるのが理想的なベンガル猫の飼い方なので、できるだけ広い環境で飼ってあげましょう。

運動大好きなベンガル猫ですが、元々の体格が筋肉質な体格でガッシリとした骨格を持っています。ベンガル猫の体重は、メスで3キロ~5キロでオスで5キロ~8キロです。やんちゃでとにかく元気で、動くことが大好きな猫なので運動不足になるがベンガル猫のストレスになるので、運動不足にならないような環境で飼ってあげましょう。

Menu